維持と気合で消えたUEBのデータを復旧しました@バックアップは大切

USBメモリのデータ復旧をしました

この前、かなり焦ったことがあります。

 

写真を撮った時、

 

いつもUSBメモリにその写真ごとに分類してデータを置いておくんですけど、

 

その中の一本がパソコンに刺しても反応しなかったんです。

 

もう一度パソコンの電源を入れ直したりしたけどもダメで、

 

場所を変えて刺し直してみても全く反応しませんでした。

 

デジカメで撮った大事な写真がたくさん入っているだけにどうしたらよいものかと悩んでしまいました。

 

 

 

カメラはいじりますが、パソコン関係となると全く分かりません。

 

知り合いにもそういった事に詳しい人はいないので、

 

そのUSBメモリをどうにかしたいとインターネットで情報を集めました。

 

それでそんな状態になってもデータ復旧をしてくるところが見つかり、

 

見積もりもしっかり出してくれるところが見つかったので、

 

藁をもつかむ思いでそちらに認識しないUSBメモリのデータ復旧を頼んでみることにしました。

 

 

 

後に見積もりが上がってきて、

 

値段も納得がいく値段だったのでお願いすることにしました。

 

それで無事そのUSBから写真のデータを取り出すことが出来ました。

 

ほんとにあの時は焦りました。今度はこんな事にならないよう、

 

ネット上のクラウドで管理しておこうかと思っています。

 

不倫調査のデータ収集

データ復旧の方法と注意

 

パソコンはいつか動かなくなるときが来ます。

 

事前に動かなくなる時を教えてくれればいいのですが、

 

そう都合よくは作られておらず、突然、動かなくなります。

 

 

 

そうなったときに困るのが保存されているデータの扱いです。

 

事前にバックアップをとっていればいいですが、

 

そうではない場合は何とかしてデータ復旧をしないと、その後の生活に支障が出ます。

 

 

 

もしも、電源さえ入らなくなってしまったら、仕方ありませんから、

 

専門の業者に依頼して何とかしてもらいましょう。

 

しかし、電源が入って一応、BIOSが立ち上がるのであれば希望があります。

 

 

 

別のパソコンを使って、CDからブートできるOSを用意しましょう。

 

そのCDを使って、もしもCDブートに成功してしまえば、こちらのものです。

 

ハードディスクからデータを吸い出してUSBメモリでも

 

外付けハードディスクでも何でもいいので移してしまいましょう。

 

後は、動かなくなったパソコンを修理に出してもいいですし、

 

新しいパソコンを買っても構いません。

 

データ復旧さえできれば、後はどうとでもなります。

 

 

 

ただ、データ復旧の方法を覚えるのも重要ですが、

 

何より大切なのは日頃からバックアップをとっておくことです。

 

データ復旧がうまくいかなくて焦らなくても済むように日頃からバックアップをきちんと取りましょう。